ジェットスターの安さのデメリットは韓国までなら苦にならない

ジェットスターで格安航空券の理由

ジェットスターは、格安航空券を提供しています。勿論、格安航空券を実現させる為には、他の予算を削ることになります。飛行機が安全に運航するには、飛行機の安全性を、削るわけにはいきません。そこで、飛行機の各点検や整備士の数を少なくすることはできません。事故を誘発させてしまっては、ジェットスターが安い値段設定を選択して、他社と張り合う意味はありません。安全面で経費を削減することではなく、その他を削減することになります。

空の上での食事をする

飛行機に搭乗すると、機内食が提供されます。行先によって、機内で過ごす時間は違い、機内食の回数も変化します。しかし、機内食を無くす、もしくは有料にすることで、機内食を食べない人が出てきます。機内食を、客運ぶ時間や用意する時間の削減になります。この時間を、他のことをする時間にあてることができます。韓国ぐらいの距離であれば、我慢をすることもでき、機内食がなくても、安さのジェットスターを選ぶ理由になります。

手荷物を預けるのも費用がかかる

海外旅行や国内旅行をするにしても、荷物があります。服装や日用品や出張であれば、仕事関係の荷物もあります。それらの手荷物を預けるのにも、料金設定をして、利用者から料金を徴収します。機内に持ち込める量は決まっています。手荷物も量が重すぎると、カウンターにて預かってもらうことになります。この際、料金が発生するので、オーバーしないーように、注意する必要があります。万が一、預けることになっても、韓国のように近い国だど、問題にはなりません。

何か用事で搭乗できなかった場合

飛行機を利用して、海外旅行に出掛けますが、急な用事が出来て搭乗できないことがあります。その人が搭乗していなくとも、飛行機は目的地へと飛んでいきます。安い飛行機は、一人の負担が小さい分、沢山の乗客を乗せて飛ぶことで、利益を生んでいます。空席のまま飛ぶというのは、運用する側としては、一番避けたいことでもあります。故に、理由があったとしても、乗り遅れた時の保障をしていません。しかし、韓国なら近いので、すぐに次の席を確保できます。

沢山の努力によって実現できること

格安航空券を実現するのには、本来サービスとして提供している物を、有料にしたり、廃止したりしています。これは、ジェットスターが提供する一番のサービスが、「安さ」だからです。飛行機の座席空間が狭いのも、多くの人を一度に運ぶ為には、必要な手段です。窮屈と感じてしまいますが、韓国までの短い時間であれば我慢することもできます。また、移動費を抑えたことで、韓国で美味しい食事やブランド品を購入する資金にすることができます。

Follow me!