ジェットスターは安全性も世界一!航空券は格安価格で!

ジェットスターの格安航空券

格安で飛行機のチケットを入手したいと考えた時、今では安価な価格で航空券を提供している航空会社は多数存在します。その中でも比較的日本の航空業界に早くから参入しているジェットスターは全国の幅広い路線で運行しています。何といっても魅力なのは、価格面で他の航空会社の割引を考慮しても、時期によっては半額以下の金額で航空券が販売されています。他方、国内大手の航空会社しか利用したことがない方にとっては、経験したことのない制度もあります。

持ち込み荷物の重量制限とオプション

国内大手の航空会社では、航空券のチケット代金に機内でのドリンクサービスや預け入れ荷物の重量上限など、多数のサービスが含まれています。一方、ジェットスターの航空券は、購入時にこのようなサービスを事前に含めるかどうか、利用者が選択する機会が与えられます。例えば、重い荷物を持って航空機を利用することが予めわかっている場合、オプション料金を支払うことで重量の上限を引き上げることが出来るなど、利用者がの選択肢が多く用意されています。

広い座席シートや機内販売品購入クーポン等

荷物の重量制限を引き上げるオプションに加えて、足元が広めに作られている座席を選んだり、機内販売をお得に使えるクーポンがついたオプションサービスもあります。さらに、大手航空会社では選択の余地なく航空券の購入者全員に座席シートを選ぶ権利が与えられていますが、ジェットスターの航空券では、座席シートを選ぶこともオプションサービスとなっていますので、座席がどこでもいいという方は余計な出費を抑えることが可能です。

航空券の購入が可能になる時期

国内大手の航空会社では、一般的にフライトの2ヶ月前程度から航空券の購入が可能となります。最近は、それよりもやや早くから発売されるものもあるようですが、ジェットスターは半年前からでも航空券の予約が可能です。格安航空券とは言っても、フライトの直前になればそれなりに金額も上昇しますし、国内大手の航空会社はある時期に、一斉に航空券を発売するので安価なチケットはすぐに売り切れてしまう傾向がありますが、その心配がありません。

航空機の広さや定時運行

格安航空券というと、座席が狭く、機内も手狭に作られていると想像する方が多いかも知れませんが、ジェットスターの航空機は他の国内航空会社と遜色ありません。また、一時期は格安航空会社の航空機は、定時運行に問題があると言われた時期もありましたが、もう今では国内の航空会社と変わらない定時運行水準に達しており、安全・安心です。日本人には、当たり前だったサービスが不要な人は、そのサービスを受けない分料金を差し引くことが出来るため、賢く旅行できます。

Follow me!