Monthly Archives: 10月 2016

ジェットスターの格安航空券で行く韓国旅行

ima12ges

ジェットスターで韓国に行くメリット

海外旅行が身近になった今の時代では、多くの人が海外に足を運ぶようになりました。その中でも気軽に行ける場所といえば、韓国になります。旅費も安く済みますが、飛行機に乗らなくてはならないのでその分運賃が気になります。
その点を解消する方法として、格安航空券のジェットスターがあげられます。運賃がかなり安くなっているので、日本国内に旅行に行くよりもトータル費用が安くて済むこともあり、利用するメリットは大きいです。

格安航空券ならではの注意点とは

fae1
座席の間隔が狭かったり持込める荷物の量に制限があったりと、格安航空券ならではの点もあります。機内食のサービスがなかったり有料となる点は、通常の飛行機とは異なる点になってくるので注意しましょう。
しかし韓国のように近場ならば、そう気にならないのではないでしょうか。乗り遅れた場合に保証されることがないので、時間には気をつけるようにしておきましょう。時間に余裕がある旅行ならば、より利用するメリットは大きくなります。

ジェットスターの運賃の特徴について

gazou-1
基本的には、早く申し込めばその分運賃が安くなるカウントダウン方式となっているので、日程が決まっている場合には、早い段階で予約申し込みをしておくようにしましょう。しかし韓国旅行となれば近場ということもあり、数日前に決まることも珍しくはありません。
ですがそれでも、最低価格保証があるので安いことは確かです。その他にも様々な運賃割引のキャンペーンを行っているので、申し込み時期に関係なくお得に韓国旅行を楽しめます。

オプションで付けられるものについて

格安航空券となれば気になる点の一つが、欠航や遅延時の対応ではないでしょうか。ジェットスターでは、オプションとして追加金を支払うことで欠航や運休となった場合に見舞い金が支払われるというサービスがあります。
追加料金は必要となりますが、そう高額なものではなく、追加しておくことで万が一の時に見舞金があるならば付けておく価値はあると言えます。格安の航空券の中でも、良いオプションと言えるのではないでしょうか。

航空券を片道ずつ購入できるメリット

航空券を片道分ずつ購入することが可能となっているので、韓国に滞在する日程を自由に決めることができ予定よりも早く帰国したり長く滞在することができるというのも、大きなメリットと言えます。
路線をつないで自由にルートを計画することもできるので、旅行に慣れている人にこそ適していると言っても良いのではないでしょうか。一から考えることができるので、自分ならではの旅行プランを作ることができ、より韓国旅行を楽しめます。

ジェットスターの安さの秘密とは

格安航空券が登場して

旅行へ行きたいと考えてもいざ行こうとすれば費用がかかると言う現実に直面してしまう方々が多く、飛行機代が高いからホテル代や現地を歩き回る費用を節約したり旅行自体を断念する方も少なくありませんでした。しかし、ジェットスターの格安航空券が登場したお陰で前より行き帰りの費用を気にしなくても旅行を楽しめるようになり喜ぶ方々が多いですが、何故飛行機に乗ることに変わりはないのに費用を安く抑える事が出来るのかと疑問に感じた事もあるのではないでしょうか。

コスト削減の努力を行うために

ジェットスターの安さの秘密は、徹底的なコスト削減が関わっています。先ず、自社のオフィスに窓口を持っていません。なのでWebサイトを通じて航空券の予約販売から搭乗した際のチェックインを行っています。それにより人件費やオフィス賃料等を節約する事に成功しました。また、他の航空会社より手荷物の重量や大きさをかなり厳しく制限しています。こうすることで飛行機の重量を軽くして燃料の消費を抑えている訳です。無駄を減らそうとする企業の努力が伝わります。

色んな事をして徹底的なコスト削減

他には、機内サービスにもコスト削減をするために工夫されています。エコノミークラスは、基本的にサービスが有料です。何故かと言うと、余計な食べ物や飲み物を飛行機に載せて燃費や人件費をかけないようにするためです。なので、予めオプションを申し込むか自分で必要な物を持ち込めば、不便は殆ど無いに等しいので安心して下さい。ジェットスターは、他にも回転率を上げる努力をしたりしていたり航空券が格安なのは、企業が手間を惜しまないからと理解出来ます。

旅行を手軽に楽しむために

しかし他の航空会社と違う所は、まだあります。飛行機が待機している場所に行くためにバスへ乗車します。ブリッジを利用する時に費用がかかるからですが、バス移動なので特に困ることはないでしょう。座席も気にならない程度の狭さなのもポイントです。安くはしても乗客にそこまで不便を感じさせない気配りがあるのもジェットスターの魅力です。しかし不便を感じないために、乗客側が努力する事も大切です。賢く利用するには、下調べをする必要があります。

乗客が気を付ける事とは

先ずは、重量制限に関して調べた後に必要な手荷物を選択しましょう。そして、搭乗する時間を確認して余裕を持って空港に到着するように交通手段や、家から出発する時間を考える事が重要です。そうすることで、更に賢くジェットスターを利用できます。行き帰りの費用を安く抑えて美味しい物を沢山食べたり色んな人に触れ合いながら旅行を楽しむ事が大事です。旅行は、滅多にする事がないからこそなるべく費用を安く抑え最高の旅行にしましょう。

韓国までのちょい旅には格安航空券のジェットスターが最適!

近場の旅行先の韓国旅行ならジェットスター

ジェットスターは運賃が安いという点が最大の魅力であり、時間的に余裕がある海外旅行や近場の旅行にはかなり適しています。日本からの距離を考えると、韓国はかなり近場の海外であり、フライト時間も短いです。サービスが必要最低限になっていることも、安価な運賃の理由となっていますが、フライト時間が短いのであれば過度なサービスも不要となるので、移動中のサービスにこだわらない場合にもジェットスターは最適と言えます。

格安航空券の魅力とメリットとは

通常の運賃も一般の航空券よりも安いというメリットは勿論ですが、さらにお得となるキャンペーンを独自に行っていることも多いです。キャンペーン中を狙うことで、通常の安い運賃よりもお得に旅を楽しむことができるという魅力があります。ジェットスターは安くても、大手の航空会社と同じシステムを使っているということもあり、信頼できるのも良い点となります。オリジナルのキャラクターがいたりと、子供も楽しむことができます。

格安の利点と注意しておくポイント

安く利用でき、気軽に韓国旅行を楽しむことができますが格安航空券ということもあり、シーズンには早い段階で予約が埋まってしまうので、旅行の予定が立ったらすぐに予約しておくようにしておきましょう。座席の間隔が通常の航空機よりも狭いなど、格安ならではの点もありますが韓国程度までのフライトならば、そう長い時間にはならないので問題ない範囲内となります。まずは予約が取れるのかという点には、十分注意しておきましょう。

コストパフォーマンスに優れている

格安航空会社の中でも、ジェットスターはコストパフォーマンスに優れているのが特徴です。他社のフライトの方が安いものがあれば、問い合わせれば最安値よりも安くしてもらうことが可能となっています。それのみではなく、曜日による割引があったりと時期によって様々な割引サービスが行われています。こまめにチェックすれば、よりお得に韓国に行くプランが見つかります。通常の半額以下ということもあるので探すだけでも楽しむことができます。

航空券の買い方が豊富でわかりやすい

公式のホームページから予約する方法ならば、簡単で手数料も安く手間もかかりません。予約が取れたか不安という場合や、インターネットを使いなれていない場合には電話での予約も可能となっています。コールセンターの場合には、内容は理解しやすいですが電話手数料も発生することは頭に置いておきましょう。ジェットスターを賢く利用することで、旅行費をかなり安く抑えることができます。その分韓国について現地で楽しむための資金も多くなります。

ジェットスターの安さのデメリットは韓国までなら苦にならない

ジェットスターで格安航空券の理由

ジェットスターは、格安航空券を提供しています。勿論、格安航空券を実現させる為には、他の予算を削ることになります。飛行機が安全に運航するには、飛行機の安全性を、削るわけにはいきません。そこで、飛行機の各点検や整備士の数を少なくすることはできません。事故を誘発させてしまっては、ジェットスターが安い値段設定を選択して、他社と張り合う意味はありません。安全面で経費を削減することではなく、その他を削減することになります。

空の上での食事をする

飛行機に搭乗すると、機内食が提供されます。行先によって、機内で過ごす時間は違い、機内食の回数も変化します。しかし、機内食を無くす、もしくは有料にすることで、機内食を食べない人が出てきます。機内食を、客運ぶ時間や用意する時間の削減になります。この時間を、他のことをする時間にあてることができます。韓国ぐらいの距離であれば、我慢をすることもでき、機内食がなくても、安さのジェットスターを選ぶ理由になります。

手荷物を預けるのも費用がかかる

海外旅行や国内旅行をするにしても、荷物があります。服装や日用品や出張であれば、仕事関係の荷物もあります。それらの手荷物を預けるのにも、料金設定をして、利用者から料金を徴収します。機内に持ち込める量は決まっています。手荷物も量が重すぎると、カウンターにて預かってもらうことになります。この際、料金が発生するので、オーバーしないーように、注意する必要があります。万が一、預けることになっても、韓国のように近い国だど、問題にはなりません。

何か用事で搭乗できなかった場合

飛行機を利用して、海外旅行に出掛けますが、急な用事が出来て搭乗できないことがあります。その人が搭乗していなくとも、飛行機は目的地へと飛んでいきます。安い飛行機は、一人の負担が小さい分、沢山の乗客を乗せて飛ぶことで、利益を生んでいます。空席のまま飛ぶというのは、運用する側としては、一番避けたいことでもあります。故に、理由があったとしても、乗り遅れた時の保障をしていません。しかし、韓国なら近いので、すぐに次の席を確保できます。

沢山の努力によって実現できること

格安航空券を実現するのには、本来サービスとして提供している物を、有料にしたり、廃止したりしています。これは、ジェットスターが提供する一番のサービスが、「安さ」だからです。飛行機の座席空間が狭いのも、多くの人を一度に運ぶ為には、必要な手段です。窮屈と感じてしまいますが、韓国までの短い時間であれば我慢することもできます。また、移動費を抑えたことで、韓国で美味しい食事やブランド品を購入する資金にすることができます。